クリック>> 【梅酒フォーラム | 全ての疑問を解決する掲示板】 <<クリック

梅酒の炭酸割りの割合【梅酒メーカーの見解まとめ】

梅酒の炭酸割りの割合【梅酒メーカーの見解まとめ】

梅酒の炭酸割り 最適な割合

梅酒のポピュラーな飲み方「炭酸割り」「ソーダ割り」。

ストレートな梅酒に対してどの程度の炭酸水を入れれば良いのか、梅酒メーカーのサイトで調べてみました。

チョーヤ

紀州

氷をグラスに入れ、紀州1:炭酸水:2の比率で割ります。
軽くかき混ぜたら出来上がりです♪

チョーヤ梅酒

「紀州」はアルコール度数が14度です。炭酸水で割った後は「4.6%」の梅酒ソーダになります。

サントリー

使用する梅酒にもよりますが、梅酒:ソーダ=1:1が、おいしい梅酒ソーダ割りの比率です。

サントリー

まろやか完熟梅酒

梅酒:ソーダを1:1の割合で注ぎ、軽く混ぜ合わせる。

サントリー(まろやか完熟梅酒ソーダ割り)

サントリーからは何種類かの梅酒が販売されていますが、アルコール度数が最も高いものは「山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽熟成梅酒」で17度、「澄みわたる梅酒」が10%、もっとも度数が低いのが「梅酒にしませんか。」で8度となっています。

炭酸水で割った後は「4%~8.5%」の梅酒ソーダになります。

白鶴酒造

梅酒原酒

『ソーダ割り黄金比 梅酒原酒:ソーダ = 1:2』

白鶴 梅酒原酒のソーダ割り

「梅酒原酒」はアルコール度数が19~20%もある濃い梅酒です。割った後の度数でも6%台後半と結構高め。

日本蒸留酒組合

(1)トールグラスに小さめの氷を4~5個入れる

(2)梅酒を注ぐ(グラスの半分位が目安)

(3)無糖のソーダ(炭酸)を注ぐ(グラスの8割位まで)

(4)梅酒とソーダが混ざるよう軽くステアする

日本蒸留酒組合 特集 焼酎甲類のある生活 > 果実酒のある生活

氷の体積分を考えると、梅酒:ソーダは1:1くらいか。

アルコール度数「5%」が目安

アルコール度数が「5%」前後になるように割るのが良いようです。
市販されている梅酒ソーダのアルコール度数も5%程度ですよね。

このあたりを基準にして、自分にピッタリの割合を探していきましょう。


梅酒づくりのお試し


自家製梅酒 “ならでは” を目指して梅酒といえば「ホワイトリカー」。無個性をひたすら貫く味と、適切なアルコール度数。失敗したくなければホワイトリカーが一番良いです。でも、たまには失敗してもいいじゃない。「普通においしい」に飽きてきたら、次は色々なお酒...

「氷砂糖」だけが「甘味」じゃない『梅酒=青梅+酒+糖』な訳ですが、この時の糖は基本的には「氷砂糖」を指します。とはいえ、別の糖を使うと一味違う梅酒がでて楽しいことも事実。実際、梅酒歴2~3年目あたりで 「ハチミツ」や「黒糖」に手を出す人も多いのです...

『市販の梅酒は甘すぎる』という方も多いかと思います。手作り梅酒ならそのあたりの調節も自由自在ですが、そもそも「自分好みは何グラム?」がよくわかりません。基本は1kgの青梅に1kgの糖、そこに1升(1.8ℓ)のお酒といわれます。「1:1:1」の覚えやすさもあっ...

梅酒フォーラム | 全ての疑問を解消するネタ帳

CTA-IMAGE 当サイトのネタ帳です。 自由に投稿できるフォーラム形式になっています。梅酒を手作りするときの疑問の解消、市販のお酒の紹介、果実酒に自信ありな居酒屋、その他もろもろ。

市販の梅酒カテゴリの最新記事